【課金PAY】

会費や月謝、定期購入など毎月くり返される請求が自動化され、入会金や教材費などの初期費用の請求も一緒にできます。また、季節講習や特別講習のような臨時の請求にも簡単に対応できます。支払う側からも歓迎されるシステムで、売上や業務効率の向上が望めます。

■課金PAYとは
クレジット決済と決済システムに加え、管理システムまで一括でご提供します。
●初期費用
初期費用は5万円~となります。(業界や業種、売上の規模により決定されます)
含まれるものは以下のとおりです。
  • ・カード決済コード発行費用(ビザ、マスター、JCB、アメックス、ダイナース)
  • ・メールリンク決済費用
  • ・API接続費用
  • ・継続課金システム費用
●月額費用
月額費用は5千円~となります。(業界や業種、売上の規模により決定されます)
含まれるものは以下のとおりです。
  • ・カード決済基本利用料
  • ・システム月額保守費用
  • ・サーバー・保守費用
  • ・継続課金システム利用料
●特別手数料
事業者様の業種や事業内容によっても、カード決済手数料が違ってきますが、業界最安値の手数料で最適な決済会社のご紹介が可能です。
■課金PAYの登録、運用方法
基本的なステップは3つです。
  1. 1. 氏名、メールアドレス、決済金額を入力
  2. 2. 送られてきたURLをクリックし、クレジットカード情報を入力
  3. 3. 1つの画面で、請求、入金、入金状況の管理が一括管理されています。
●決済方法
上記1.のように入力し送信
・メールリンク決済
決済リンクメールを受信したら、リンク先からカード情報を入力し決済が完了
・継続課金決済
初回クレジット決済時にカード情報をサーバーに登録して、次回からの決済が自動的に継続されます。
・API組込式決済
WEB決済と同様、HP上で商品販売をし、HP内で決済完了可能
●決済管理画面
リアルタイムで管理できます
・決済状況
簡単な入金管理で、返金や金額変更もスムーズにできます。
・継続課金管理
金額、決済日、決済月の設定が可能です。
・CSV一括送信
クレジット決済の導入のお知らせを、一括メール送信可能です。
・FC加盟店や教室ごとの管理
取引番号が、「店舗コード+会員ID」となり、継続課金も簡単に管理できます
■課金PAYのここが違う!
自信をもっておすすめする理由は、5つあります。
●月2回のキャッシュフロー
カードのブランドにより異なりますが、WEB決済で通常月1回のところ、月2回をスタンダードとしています。毎月15日と末日締めの2回で、ご入金はそれぞれ当月末と翌月15日(金融機関の休日と重なるときは前倒し)となります。
●決済日前日まで金額変更が可能
急な金額変更があっても、決済日前日まで変更処理できます。
●不定期月の購入の対応も問題なし
2か月や3か月に1回でも、簡単に処理できます。
●CSVで一括決済できる
FC店や会員様の決済の一括管理ができます
  1. 1. CSVデータを作成
  2. 2. CSVデータをカード会社へアップロードすると決済結果がきます
  3. 3. 次回からも同じ要領で、設定済みの日にアップロードをします
●メールのテンプレートの登録
最大5パターンまでメールのテンプレートを登録できます。
■課金PAYで解決されること
さまざまな事業者様のご意見に基づいてサービスを開発しています。
  • ・システム開発費の見積もりが高い。
  • ・2社に申し込まなければならなく、費用も2社分かかってしまった。
  • ・導入までのコンサルティングも2社重なり、大変だった。
  • ・単純にカード決済手数料が高い。
  • ・決済とサイト構築が足並みそろわなかった。
■JPCサポートコンサルティング
導入後も、コンサルティングは継続し、決済商品の新商品などのご紹介も随時させていただきます。