【インバウンド中国人対象決済提案】

■魅力的なインバウンド消費
訪日中国人が年々増加するにつれて、彼らの旅行消費額も伸び続けています。
中国人の買い物環境を改善し、気持ちよい消費を促すことは現在必須となってきています。
■提供可能な決済ツール
アリペイとウィーチャットの決済が可能です。
●ALIPAY(アリペイ)決済
中国国内のモバイル決済のうち8割を占めており、6億人を超えるユーザー数を誇ります。
決済以外にも、個人間送金や資産運用機能もある万能アプリです。
●WeChat(ウィーチャット)決済
日本のLINEのようなSNSサービスから始まり、決済分野でも急成長中で、アリペイのモバイル決済に猛追しています。6億5千万人を超えるユーザー数を誇ります。
■銀聯カードとの違い
日本では、中国人向け決済には銀聯カードが有名ですが、現在の中国では上記の2つが主流です。アプリ内でさまざまなお得なサービスやキャンペーンがくり広げられ、ユーザーが急速に増加しています。
●プロモーションの例
中国では、春節の期間のお年玉イベントが恒例となっています。たとえば、同じ時間に公開されるキーワードに対し、早い者勝ちで入力したユーザーがお年玉をもらえるイベントです。キーワードに店名を入れることで、集客効果が望めます。実際に試されて、大きく売り上げアップした加盟店様がありました。
■手軽なアリペイとウィーチャット
QRコードを使用した決済です。QRコードはその都度違うものが表示され、安心して使用できます。
  1. 1. レジアプリに金額を入力
  2. 2. ユーザーが提示すQRコードをスキャン
  3. 3. 決済完了
■アリペイの広まり
特に東アジアでの広まりが目覚ましく、香港で4,000店舗、韓国で30,000店舗以上の導入実績があります。日本では、まだ多くありませんが、1決済あたりの金額が非常に高くなっています。日本国内で広まる前に先行して導入することで、集客アップにつながります。
■アリペイの魅力
  • ・1日1万元の上限がある銀嶺カードと違い、アリペイは決済金額の上限はなく、決済金額の上限がない唯一の決済方法です
  • ・初期費用無料、月額無料で導入可
  • ・アリペイ導入にかかるコストは一切無料(スマホかアイパッドの機器のみ)
■導入から運用まで
●導入のフロー
<審査>
必要書類
・契約情報シート、加盟店契約書、履歴事項全部証明書、覚書や各種許可証コピー(必要な場合)
<ご契約>
審査後、正式契約
<アカウント発行>
・弊社が発行するマーチャントID、アプリ会社Le Shanghaiが発行するレジアプリID、PW、決済管理画面ID、PW
●運用のフロー
<必要備品>
・iOS端末、Wifi環境
<入金サイクル>
月2回の決済サイクル
・月末締め翌月15日払い、15日締め当月末日払い
<マーケティング>
・中国系SNSを活用したプロモーションが可能
・来日時の取り込みと帰国後のフォローが可能
・リピーターとしてECサイトの利用も見込める